診療内容

感染症について

感染症について

丁寧な問診、聴診を心がけております。
症状の経過、東京都感染症動向、地域の保育園、幼稚園、小中学校の流行状況を鋭敏におさえ、診療を行います。
状況により、迅速診断キット、血液検査、便や鼻汁の細菌培養検査、尿検査を行います。
検査結果はできるだけ速やかに、わかりやすくお伝えいたします。
大半の感染症はウイルス感染のため、抗生物質は不要です。必要最小限の処方薬になるよう的確な診断を目指します。

  • 血液検査(白血球、CRP、生化学検査など)
  • 各種迅速検査(溶連菌、アデノウイルス、インフルエンザウイルス、マイコプラズマ(抗原)、RSウイルス、
    hMPV(ヒトメタニューモウイルス)、ロタウイルス(便)、アデノウイルス(便)、ノロウイルス(便)など)
  • 細菌培養検査(鼻汁、尿、咽頭など)
  • 尿検査一般

アレルギーについて(食物アレルギー、気管支喘息)

アレルギーについて(食物アレルギー、気管支喘息)

アレルギーについて(食物アレルギー、気管支喘息)

食物アレルギー
症状、年齢を踏まえ、丁寧に問診を行います。
そのうえで必要性に応じ、採血もしくは食物負荷を行います。
結果について詳しく説明し、今後の食べ進め方、経過観察スケジュールも検討いたします。
そのなかで、不必要な除去をなくすよう努めております。
緊急時対応を行い、エピペン処方(対象:3歳以上体重15kg以上)を行っております。
気管支喘息
当クリニックでは多くの気管支喘息の方をフォローしております。
小児期の気管支喘息は積極的に早期より、治療を開始し、寛解(治癒)を目指します。
吸入、内服薬に関し丁寧に指導し、定期的にフォローいたします。

皮膚の症状について

皮膚の症状について

アトピー性皮膚炎
皮膚症状をよく診察し、お話をお伺いいたします。
ぬり薬のぬり方、保湿の仕方、生活上の注意点など内容をお子さんに合わせ考慮いたします。
漢方薬の併用もご希望により行います。
乳児湿疹
とくに6か月未満の赤ちゃんの皮膚は乾燥しやすく、トラブルが多く発生します。
じっくり診察し症状に応じ、保湿剤、ぬり薬のぬり方、生活上の指導を行います。
やけど、すりきず、きりきず
最新のきず治療理論に基づいて、正しい処置の仕方をデモンストレーションいたします。

予防接種について

予防接種について

当クリニックでは、予防接種を2名の医師で丁寧かつ迅速に行っております。
お子さんの生年月日にあわせ、細やかなスケジュールをたて、ご希望に添えるよう努めております。

当院でお勧めしている生後2か月からのワクチンスケジュール(最新版)

(ヒブ、肺炎球菌、四種混合、ロタウイルス(当院は5価のロタテック)、BCG、B型肝炎、
MR(麻しん、風しん)、水痘(水ぼうそう)、おたふくかぜ、日本脳炎、二種混合(DT)について)

定期接種(無料ワクチン)

ヒブ(計4回)、肺炎球菌(4回)、B型肝炎(3回)、四種混合(4回)、BCG(1回)、MR(2回)、日本脳炎(4回)、DT(1回)、水痘(2回)

任意接種(有料ワクチン)

ロタウイルス(3回)、おたふくかぜ(2回)、インフルエンザ

生後2か月からの予防接種おすすめスケジュールは以下の通りです。 (クリックするとPDFが開きます。)

生後2か月からのワクチンスケジュール

ワクチンの種類、回数を見るとあまりの数に驚かれるかもしれません。
早く免疫をつけ、ワクチンで防げる病気からお子さんを守るためには、同時接種が理想的です。
ただ、同時接種がご不安な方は、単独接種も行います。

 

お子さんの生年月日からオーダーメイドでスケジュールを細かくたてます。
体調不良で当日できなかった場合も、きちんとフォローいたしますのでご安心ください。
まずはお電話でご相談ください。(TEL 03(5604)1710)
できましたら、予約の混み具合もありますので、生後1か月をすぎたらご連絡ください。

生後2か月でワクチンをスタートしましょう!

2015年12月8日現在

おたふくかぜ予防接種費用の助成について
荒川区では生後1歳から小学校に就学する年の3月31日まで、お子さんは1回のみ1,500円で接種できます。
インフルエンザワクチンについて
インフルエンザワクチンについてはこちらをご確認ください。
インフルエンザワクチンのご予約について

乳児健診について

乳児健診について

6・7か月健診、9・10か月健診を行います。あわせてご心配な点をお気軽にご相談ください。
(3・4か月健診、1歳6か月健診、3歳健診はお住まいの区で集団で行います。)
1歳時には荒川区在住の方はMRワクチンと同時に1歳児プチ健診(身長、体重測定)を行います。
1か月、2歳、4歳、5歳健診は有料になります。ご相談ください。

乳幼児健診時に持ってくるもの

  • 母子手帳
  • 乳児健康診査票
  • 健康保険証
  • 乳・子医療証
  • 診察券(お持ちの方)

便秘について

便秘について

便秘は日常生活に大きな影響を及ぼします。
早期に積極的に改善させていくことが大切です。
便がでていても、硬かったり、少量でも出血するならば、それも便秘です。
症状は長引くと難治化します。
内服薬処方、食事内容、生活上の注意点などをお話しし、定期的にフォローいたします。

夜尿(おねしょ)について

夜尿(おねしょ)について

一般的には、6歳以降になっても夜尿が続いて本人やご家族が気になるようなら治療が必要な場合もあります。
夜尿にはタイプがあり、その病型にあわせ治療を行います。

夜尿症の多くは時間がかかりますが治っていくものです。
じっくり取り組みたいと考えております。

旅行や宿泊などの行事の前
行事の直前ではなく、できるだけ早めにご相談ください。

その他

その他

発達や行動におけるちょっとした気がかりについてもご相談ください。

初診の患者様へ

事前問診票をご利用いただけます。

事前問診票ダウンロード